延岡名物 高田万十

*

排水口

      2017/10/13


いつもたくさんの「いいね!」をありがとうございます。
投稿するごとにたくさんの「いいね!」をいただくと
「次は何書こうかな!」
とルンルン気分で一人ほくそ笑みながら、たい焼きの餡子10%増量中にしちゃったりなんかしたとかしないとか…。(嘘)
そんな中、思いだし考えだしで随時進行中のグッズのデザインもまたまた増やしているところなのです。
というのも、昨年夏に自分専用のオリジナルTシャツを作ったこところありがたいことに
「自分にも作ってほしい」「売ってほしい」
等々の声をいただきましたことから、販売用にデザインを作り直して業者さんに制作依頼をしたという流れのですが…サイズをそろえるのが大変なんです。
女性用のMサイズとSサイズ、男性用MサイズLサイズ、LLサイズ、あと別に依頼をいただきましたXLサイズが数枚。
だって発注する枚数に応じて単価が変わってくるでしょ…。多く頼めば安くなるけど、在庫を持つのも困る話です。
また色も白のシャツに小豆色のロゴマークのみにしたのですが、黒のシャツに白抜きで作ってほしいとか、赤のシャツに白抜きでとか、たくさんの要望をいただきましたが…全て対応することができなくて何か良い方法はないかしらと探して見つけたのが
https://suzuri.jp/takadaman10
でありました。
どうしても1枚から作るので単価は高くなりますが、ご要望いただきました内容全て網羅することができました。
といったいきさつで、このサイトを利用するようになったのです。

「饅頭屋のひげ親父がまた変なことはじめたわ!」
程度の冷やかしで結構ですのでお時間ありましたら覗いて見てやっていただけたらうれしいです。
そして写真の右上にありますハートマークのボタンを『スッキュン!』とポチッとしていただけたらなおのことうれしいです!

ところで先日の日曜日のことです、いつものようにたい焼きを焼きながら…いつものように目の前のホテルルートインさんの植え込みを眺めながら
『行き交う車もまた旅人なり…』
などと秋を感じながら風流に耽っていると、ソワソワしている様子の夫婦連れの方が信号待ちをしていました。
『このご夫婦もまた旅人かしら…』
などと風流に思いつつ見ていると、信号が青になると同時に待ちきれないように駆け足でお店に入ってこられました。
「ハムタイマックスを二つと白あん一個!」
とご注文いただきました。
あいにくその前のお客さんが差し入れにとハムタイとマックスを根こそぎ買っていかれた後でしたので
「すいません、今焼いていますので少しお待ちください」
とお願いすると
「待ってま~す!」
とにこにこ顔で答えていただきました。
すると
「ステッカーって売っていただけるんですか?」
もちろんです!
ステッカーも悲喜こもごも話はあるのですが、ご要望にお応えする形で作ったものです。「あー!良かった!…念願叶ってやっとお店に来ることができました!」
と奥さん。
「いつもフェイスブック見ていて、いつか行ってみたいとずーっと思っていたんです!今日は念願叶って北九州からやってきました!」
との事。
そんなうれしいことおっしゃられちゃうと…うれしくって天まで昇る気持ちです!
なんか記念になるものを…と探したのですが、何もなくって…僕のパタパタ折りたたみ名刺をお土産に持って帰っていただきました。

僕にもファンがいるんだな(勝手にファンにしてしまっているご都合主義の脳みそです)とルンルン気分で一日を終えることができました。
翌日は3週間ぶりにお店を休みにしました。
さすがに体はくたくたで、リビングに座っているとズルズルと体が床に寝そべってしまい…気がつけば瞬きの間隔がだんだん長くそして重く…気づけば3時間ほど昼寝をしてしまってました。
子供達や我が奥さんも部屋での用事を済ませリビングに集まってガヤガヤし出した話し声で目を覚ましてその話の輪に参加しようと起き上がると…
「お父さん、お口が臭おうよ…」
年頃の娘がいる家庭です…嫌われるお父さんにならないようにいつも気にしてくれている奥さんが小声で教えてくれました。
僕は口を開けてイビキを轟々かいて寝るから、起き抜けには口がカラカラに渇いてしまうのでそれで臭うのかしら…。
小声で教えてくれたのにもかかわらず
「…だからか…」
下の娘がポソリとつぶやきます。
「だからって何よ?」
なんかカチンときて聞いてみると
「え!…」
言いにくそうです
「何よ?」
さらにカチン!
「リビングに降りてきたら排水口の臭いがするから…なんでかな?って思ってたのよ…犯人は…の『だからか』よ」
悪かったね排水口の口で!


 

 - 未分類

  関連記事

薄くなった…

みなさんエンクロスにはもう行ってみましたか? ぼくはまだ3回しか行ったことがあり …