延岡名物 高田万十

*

みっちゃん3

      2015/07/03

みっちゃん3

先日行った娘の高校の文化祭で思ったことなのですが、他校生の多さに驚きました。
工業・商業・星雲に学園にウルスラ!すべての高校のステッカーの貼った自転車がたくさん駐輪所に並んでいました。
私服で来ている子、制服で来ている子たくさんいました。

今から30数年前の僕たちが高校生だった頃には考えられないことです!
『他校の文化祭に乗り込んでいく』=『ケンカをしにいく』
大げさで無くどこかそんなニュアンスを含んでいたような気がします。
よっぽどなことが無い限り、『文化祭に行こう!』なんて考えもしませんでしたもん!
僕の高校の文化祭もほとんど他校生が参加しに来るなんて事ありませんでしたよ!
「○○先輩が来ちょるげな・・・」「△△先輩達がバンド見に来ちょるげな・・・」
と空襲警報が発令する感覚の伝言ニュースが流れます。
恐いので有名な他校の先輩達が来ているので本当は見に行きたくないのですが、自分たちの文化祭なので遠慮して縮こまってるのもどうかと・・・バンド演奏の会場となっいる視聴覚室に行ってみるとヘタッピな演奏が聞こえてきます。
曲目は男子のバンドならBOOWY、女子バンドならプリンセスプリンセスと相場が決まっていました。
一日中BOOWYとプリプリがヘタッピな演奏で流れていました。
中をそっと覗くと・・・います!
『喧嘩上等・夜露死苦』と背中が物語っている、リーゼントな○○先輩達・・・。
あー思い出すだけでも恐い恐い・・・。

同級生みっちゃんは決して不良ではありませんでした。ヤンキーと言われる部類にも入っていなかったと思うのですが、とつぜん『喧嘩上等』ってなっちゃうときがありました。
修学旅行何日目か忘れましたが、一日自由行動の日がありました。
よく分からないまま原宿をウロウロしたのを覚えています。
「どこかで祭りがありよるとけ?」
と本気でお祭り会場を探すほどの人混みに驚きました。
ビートたけしの元気が出るテレビのショップや田○まさしの『マーシーズ』なんかのタレントショップをウロウロしていると
「なん言いよっとか!」
どこからともなくみっちゃんの怒鳴り声が聞こえてきました。
声のした方を探してみると、昔懐かしい感じのお土産物屋さんでみっちゃんが他校生とにらみ合っています。
「どんげしたっけ!喧嘩はやめちょきね!」
後ろから駆けつけると
「こんデブがデブんくせに、おれにデブっち言うからよ!」
「んんっ?どういう事?」
なにやら早口言葉のようです・・・
「こん店狭めーじゃろ!人も一杯おるから、邪魔にならんごつ見て回らんといかんじゃやろ!したらこんデブがただでさえ邪魔なのに真ん中に立っちょってみんな迷惑しちょったから『ちょっと端に寄せて通してくれる』って声かけたら『チッ!』っち舌打ちしてかいよ!」
「ふんふん」
それでも喧嘩はいかんでしょ!
「しかも『デブ!向こうに回れ!』って言うんよ!」
みっちゃんは痩せてるか?と聞かれるなら決して痩せてはいないけど、決してデブじゃありません。太って見えることもあるけど、筋肉もりもりです。
相手を見ると、『あっ!デブです』タレントの内山君をもっと太らせて人相悪した感じのブッチャーです。
確かにこの人に『デブ』って言われたらお前が言うな!ってなりますよ・・・。
「でも、喧嘩はいかんが!別のとこ行こう!(他校生に)ごめんごめん!(みっちゃんに)行こう行こう!」
と2人の間に分け入ってみっちゃんを連れ出そうとしました。
「お前は引っ込んでろデブ!」
今度はデブが僕にデブって言うんです!
確かに僕も痩せてはいませんでしたし、どちらかというとデブよりではありましたが、こんな中性脂肪の塊にデブ呼ばわりは心外です。
「ね!頭にくるじゃろ!自分はラードの塊のくせに、俺たちにデブっち言うんよ!」
「確かに!お前がデブって言うなくそデブ!」
僕もカチンときます。
他校のデブとその仲間も参戦して、言い合いになります・・・でも今思えば広島?か岡山かな?方言がきつくて何を言っているのか半分も分かりませんでした。
「お前どんは、訛っちょって何言いよるのかひっとっつもわからんわ!田舎もんが!チンガラじゃ!ワハハハハハハハッ!」
大きな声で高らかに延岡弁丸出しでみっちゃんが笑います。
「お客さん!いい加減にしないと警察呼びますよ!」
店員さんが受話器を片手にこちらを睨みました。
せっかくの修学旅行です!こんなトコで警察沙汰はごめんなので、脱兎のごとくその場を離れます。
後ろを見ると、少し遅れてラードなデブの他校生も走ってその場を離れようとしていました。
「お前はデブじゃかい、走れもせんじゃろが!ワハハハハハハハッ!」
みっちゃんは足が速いんです。
運の良いことに喧嘩にはなりませんでしたが、結果みっちゃんの勝利に終わったことで上機嫌になり・・・
僕がお土産に買おうと思ったヒッピー風の露天商から1個千円の商品を
「4個で千円!・・・だめ?・・・ダメなら一個買うから3個オマケ付けて!いいじゃやねーかまけろ!ワハハハハハハハッ!」
と強引に値切り交渉を進めてくれて、3個1000円でお土産を買うことが出来ました。
自分もお化けのゴムマスクを1個の値段で3つ購入するという半ば脅しにも似た交渉技術を見せてくれました。

その夜食事を終えてホテルの部屋で遊んでいると、上の階から
「キャー!もうやめてよ!」
「キャー!なにしよると!」
なにやら楽しい事を予感させる女子達の悲鳴が聞こえてきました。
しかし!我々は男子クラスです!女子の楽しそうな声が聞こえてきても、早々には
「なにしよると!」
と鼻の下を伸ばして飛んでいくわけにはいかんのです!硬派なんです!(ウソ)
しばらくすると
『コンコン・・・』
ドアをノックする音が・・・
「誰?」
ドアを開けると
「ガー!」
フランケンと狼男とゾンビ!のゴムマスクが・・・みっちゃん達が立っていました。
「なんけ高ちゃんけ・・・」
フランケンなみっちゃんがつまらなそうに言います。
「なにしよるとけ?」
「これ被って女子の部屋を周りよるとよ!『キャー!』って驚くかいおもしれーとよ!ワハハハハハハハッ!この階は男子クラスばっかりじゃね!下の階に行ってくるわ」
みっちゃんは階段を下りていきました・・・。
「おもしろいね・・・みっちゃんは!」
でも待てよ・・・、下の階は先生達の部屋ばっかりだったような・・・『先生達は飲まないかんから夜は下の階に来たらいかんとぞ』と担任のクマジに言われたような・・・
そう考えていると、下の階からこれまで聞いたことのない
「ンガ・・・ング!」
と断末魔の叫びと、『バターン!』とタンスか何か大きな荷物が倒れたような音がホテルに響きました。
この『ンガ・・・ング!』はなんと表現したら良いんだろう・・・子供の頃
「はぁ・・・明日は学校か・・・」
と憂鬱になるサザエさんのエンディング
「来週もまた見てくださいね~!ンガ・・・ング!」
の「ンガ・・・ング!」を全力で全身全霊をこめた全力でンガングった「ンガ・・・ング!」でした。
すぐに足音がバタバタと聞こえ、フランケンみっちゃんが部屋に飛び込んできました。
「やべ・・・どうしよう・・・」
こんなに震えるみっちゃんを後にも先にも見たことはありませんでした・・・
「何があったっけ?みっちゃん!何をしたっけ?」
あまりのみっちゃんの動揺にこちらも気が動転しています。
「・・・殺してしもた・・・校長を殺してしまった!」
「校長?・・・なんで校長が出てくるとけ?」
なんのことやら分かりません。
「トントンってドア叩いたら、歯磨き咥えた校長が出てきたからビックリして『わぁぁぁぁ!』って叫んでしまったら、校長が『ンガ・・・ング!』って叫んで倒れてしもたとよ!どんげすっか・・・殺してしもた・・・」
先生達の飲み会に参加しなかった校長は先に横になろうとしていたところをフランケンみっちゃんに襲撃されたようでした。
自首すべきかどうするか散々悩んだあげく、捜査の手が来るまで黙っておくと言う結論になりその日は解散しました。
明くる朝心臓が止まるほどドキドキしながら食堂に向かうと・・・いつもと変わらぬ校長の姿が!
いつもの変わらない様子で、本当にみっちゃんは校長の部屋に行ったのかも怪しいな・・・でもあの全力の『ンガ・・・ング!』はなんだったんだろう?
結局真相は闇の中へと消え去ろうとしていました。
その数ヶ月後、文化祭の総合司会で野口記念館のステージに立ったみっちゃん。
「まず最初にお詫びの言葉を述べさせていただきたいと思います・・・」
開口一番何を言うのかと会場がザワザワとざわつきます。
「校長先生すいません。修学旅行のホテルで、先生を殺しかけたフランケンのマスクの男はこの僕です!ワハハハハハハハッ!」
会場はドッと笑いが起きましたが、
「貴様だったのか!」
校長先生の怒号が飛んだのはしょうが無いことだと思います・・・。
本当だったんだ・・・

 - facebook

  関連記事

オリジナルTシャツ販売開始!

自分用に作ったドライTシャツだったのですが 『欲しい!』『譲って欲しい』『買いた …

オリジナルロゴマークスタンプ作成!

ご存じかとは思いますが・・・僕はお金を持っていません・・・ 正直貧乏です・・・。 …

誠に勝手ながら8月14日はお休みとさせていただきます。

誠に勝手ながら8月14日はお休みとさせていただきます。 『好敵手』とかいて『ライ …

no image
ビタミンC

またまた投稿が滞っておりました。 バタバタと毎日の仕事に追われつつ、親父の初盆も …

見ろ!

  お盆期間中たくさんのお客さんにご来店いただきました。 帰省の折、休 …

お金持ち・・・

お袋はいちいちなんでも僕に聞きます。 反射なんでしょうか・・・思いついたらすぐに …

ボーナス

みなさんご存じでしょうか? 高田万十は7時まで営業しています! ・・・とは言って …

ミッション・インポッシブル

おかげさまで親父も少しずつ調子もよくなり、杖は手放せませんが随分歩きぶりもよくな …

北海道産小豆

ありがたいことに僕には友達がたくさんいます。 僕のコトをまるで『我が事』のように …

全裸

  台風一過みなさんいかがお過ごしでしょうか。 まだ8月なのですが、な …