延岡名物 高田万十

*

ボーナス

   

ボーナス
みなさんご存じでしょうか?
高田万十は7時まで営業しています!
・・・とは言っても、無くなり次第終了で正味6時50分位にはだいたい閉店しています。
「いつ行っても閉まってる」「夕方早く閉めずぎじゃない!」
等々いつもお叱りを受けています。(先日のお客さんは『お前んとこはいつきても開いちょらん!ちょっとはまじめに仕事せい!』と大変厳しくお叱りをいただきました・・・。そして『しょうがない・・・今日はお好み一枚!』お好み焼きは20年前に販売を中止しました・・・えらい長いこと夕方のタイミングが会わなかったみたいです)
それで昨年末位から親父とお袋を5時過ぎには仕事を終わらせて早めに帰らせるようにしたんです。
だっていたらいたで、
「そんげ焼いてから・・・何時までおらにゃいかんと思っちょるちゃろかい・・・」
「あ~ぁ・・・いつまで仕事をせんといかんちゃろか・・・」
横でブチブチ言われながら仕事をするのはうんざりです。
そしてお昼休憩から一回も座ること無く一日が過ぎようとしている夕方に
「ちょっと一休みしてきね!」
と優しい言葉にだまされて、裏の事務所でお茶なんか飲んで出てくると『粉流し』『あんきり』「あんさし』等々の道具を全部片付けて掃除をしていたりします。
「もうタイ焼きいっぱいあるからいいじゃろ!10個もあるが!」
お袋の数のマジックはすごいんです!『なんしよるとけ!10個しかないっちゃが!はよご飯はあとでいいから焼いてくんね!』なんてすごんできたり、『10個あっていっぱいじゃから焼かんで良いが』と同じ10個でもお袋の都合によって多い少ないが違うんです

そんなやりとりがめんどくさいし、せっかく買いに来てくださったお客さんが
「もう閉まっちょった!」
とお店の前で引き返してお帰りいただくのが忍びないので、なるべく商品の数をそろえるように焼きすぎて余らないように慎重に焼きながらお待ちしておる次第です。

昨日もそうやって通りの人の流れを見ながら焼いていると・・・いつもと違って、なにやら人がゾロゾロと信号を渡って、居酒屋ひしめく山下通までの道に向かっています・・・。
どことなく
『ホクホク!』
した顔でにこやかに歩いて行くんです・・・。なんでだろう・・・?なんかみなさんご機嫌麗しゅうなんです。すると・・・
「高田さん!お疲れさんです!」
と娘の同級生のお父さん!
「今日は本当に久しぶりに飲みに出てきました!」
ウソをつけ!ちゅうんですよ!
年がら年中やれ労働組合の飲み方じゃ、部署の飲み方じゃ、息子の部活の飲み方じゃ!と連日飲んでからの娘の部活の親父会に出席する酒豪です。
「なんけ・・・そんげ飲んで世話ねーと?」
なんて心配して聞いて見ると
「もう今日はビールだけにしちょきます・・・」
神妙に答えるので、無理に焼酎なんかを進めずにそっとしておくと
「そろそろ12時になるんで帰ります!」
珍しい・・・最後の最後まで行くくせに!流石に今日はダウンじゃね!
「今から後輩が迎えに来るんですよ・・・」
けしからん!職場の後輩を飲み会の足に使って!一言もの申そうとしていると
「先輩お待たせしました!」
上から下まで全身釣り支度の若手社員の姿が・・・
「高田さん!今から船に乗って夜釣りにいてきます!・・・ちゅうか釣り場に着くのは日が開ける頃かな・・・正確には夜釣りじゃないっちゃけど」
とニヤリ!
彼はそんなタフガイです!
今日は飲むんでしょう・・・
「高田さん!万十買いたいけど・・・今日は遅くなりそうなので今度にします!」
爽やかに信号を渡っていきました・・・

家に帰ってその話をすると
「・・・今日はボーナス支給日だったからね・・・」
家内が申し訳なさそうに、少し寂しげに言います・・・。
そうか・・・ボーナスか・・・妻よ申し訳ない・・・。

今もボーナスに縁がないのですが・・・子供の頃から当然縁も無く
小学生のころボーナス支給日の翌日に
「お父さんのボーナスで何か買ってもらったひと?」
朝の会で先生の第一声がこれだったことがありました・・・。(今から考えると残酷な質問です)
「はいはーい!」「先生はい!はい!」
一斉に手を上げるクラスメート・・・
僕は『ポカーン・・・』です。だって僕以外はみんな知っている感じでした。まぁ知ってるでしょうね・・・。
「何?何々?ボーナスってなに?」
隣の席の女子に聞くと、
「毎月のお給料日のお金とは別に、お金がもらえる日があるとよ!知らんと?」
子供ながら簡潔明瞭に教えてくれます
「え?お給料とは別にもらえると?誰から?」
もうパニックです。だって、『お給料は払うもの』毎月給料日には当時二十人近くいた従業員さんのお給料のお金の工面に四苦八苦していた親父を見ていたからなんのこっちゃ分かりません。
結局なんでもらえるのか、ボーナスの意味が分からず・・・でもなんだか親に聞くのは悪い気がして何も言えなかった小学生の僕でした・・・。

今なお僕の人生にはボーナスなんて言葉は存在しないようです・・・。嫁よ、娘よ、すまん・・・。
と思いながら翌日も7時まで営業していると
「お疲れ様です!」
今日もにこやかに通り過ぎ信号を渡っていった娘の同級生のお父さん・・・
『今日は遅くなると思うから』
といった昨日から、ま・まさか今まで・・・。恐るべしボーナス・・・。


 

 - facebook

  関連記事

見ろ!

  お盆期間中たくさんのお客さんにご来店いただきました。 帰省の折、休 …

おさる

子共のころ文章を書くことも勿論、読むことも嫌いでした。 本好きの姉が、児童文学集 …

仮面ウォーカー

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・僕はぽっちゃりしています! ウォッ …

オリジナルイラストシール

先日文房具屋さんの出先に買い物に行くと、写真シールしーとなるものが目に入りました …

がんばろう熊本・大分!

熊本のみなさん、大分のみんさんそして九州のみなさん、いまだ余震も続いていて、大変 …

みんな僕が悪いのです

いつも僕の大変くだらない誤字脱字だらけの文章を読んでくださりありがとうございます …

労働戦士

寒中お見舞い申し上げます。 遅ればせながら、今年も髙田万十をご愛顧のほどよろしく …

オリジナルTシャツ完成!

毎日毎日僕は鉄板の♪前で焼いて嫌になっちゃうよ♪ いよいよ夏が来ます! 夏は好き …

今年もカキ氷はじめました!

今年の梅雨はながい! 台風も来そうで来なくて、来なそうで来たりして・・・ 強風恐 …

酔拳

先日、業務機器のメーカーの営業さんが飛び込み営業にやってきました。 今のところお …