延岡名物 高田万十

*

雨の買い出し

   

雨の買い出し
先日、近所に住んでいる西高バレー部後輩かたい焼きを買いに来てくれました。ちなみに、ボクの嫌いな長身のイケメンなのですがバレー部後輩に免じてその無礼はゆるさんこともないのですが、なんだろ…世代が変わる分岐点なのかしら…
ぼくなんか4つも5つも上の先輩と会おうモノなら思わずきをつけ!しちゃいます。
彼(等)は違うんですよね…
全然平気で全然普通に話します。
それでいいんだけど、それでいいのか!

「もしかして家ついだの?」
「はい…」
「おー!いいね!車屋はもうかるやろ!」
「いいえ…」

俺の方が文字数多いぞ!おれは先輩なのに!大先輩であるぞ!
それでも話し続ける悲しい性・・・お客さんとの会話のキャッチボールを楽しみたいのです・・・。
「そんなことねーやろ!車屋さんか・・・かっこいいからそれだけで羨ましいわ!」
「油だらけですよ」
「それでもいいわ!俺なんか『万十屋』よ『万十屋』!子供の頃いやだったな・・・」
そうなんです・・・子供の頃『万十屋』って言われるのが本当に嫌だったんです。
新学期の初日の挨拶で
「お!お前が髙田万十の息子か!・・・学生時代よくいってたわ・・・」
「お前が三代目か!」
等々必ず言われるのが本当に苦手で、それを聞いてた友達が
「タカちゃん家は高田万十け!おれもばぁちゃんに・・・」
『ゴンッ!』
全部を言う前にゲンコツで軽くなでてから
「うるせぇ!(怒)」
口より先に手が出ます。

「わー!高田君家お万十屋さんなの?」
初めて話す女子が聞いてきます
「誰がや?(怒)黙ってろ!」
酷いんです・・・ならず者です・・・。
ココには書けませんが、もっと罵倒するように相手の気にしている顔や体の身体的特徴を即座に見抜き的確に指摘し相手を黙らせていました・・・(天才的イヤミストであったと思います)
この話をすると
「もし同級生だったら学校で一番きらいな乱暴者だわ!絶対嫌いなはず!」
と娘にののしられ
「その頃のお父さんを知っていたら結婚はしなかったはず!」
と家内にも言われる始末・・・。

またテレビを見ててクラスメートに意地悪をする内容のドラマだったりすると
「そんなことするやつ鼻にパンチしたら黙るのに。」
「後ろから髪の毛掴んで引きずり倒せばすむのに。」
「ローキック一発やね。」
等々思わず口にした言葉に。
「最悪!そんなことばっかりしてたんやろ!クラスで一番乱暴な○○君よりひどいじゃん。」
と娘や嫁に呆れられたりします・・・。

とにかく家の商売のことを言われるのが本当に嫌でした。

「魚屋のおっさんが!屁をこいたボラッ!」
「魚屋のおっさんが!屁をこいたマスーーッ(スカす風に)」
体育の授業中にストレッチしながら、ブラックバス・フナ・等々魚の名前をおならの音風にアレンジしながらゲラゲラ笑いながら歌っていると
「万十屋のおっさんが!屁をこいたハム!」
と隣でストレッチをしていた普段大人しいM君が僕にからむように歌ってきました。
当然家の商売のことは僕の前ではタブーであると知っての狼藉です。
頭をスパーンッ!と引っぱたいて
「店の事は言うな!」
としかりつけると
「高田君も僕の家の仕事をからかわんで!」
大人しいM君が睨んできます。
後ろから
「Mん家は『M商店』ていう魚屋よ」
誰かが教えてくれます・・・
M君も家業のこと言われるの嫌だったんですね・・・。

それほど嫌だった実家の家業を継いでもう17年が過ぎました・・・

毎日毎日僕は鉄板の前で焼いて嫌になっちゃってます・・・
そんな毎日鉄板の火に焼かれ干からびた僕の心を潤すように本日久しぶりに雨が降りました。
雨が降るとお客さんの足が遠のくので暇になっちゃうな・・・困ったなと思いつつも、雨降りも嫌いではないのでアスファルトが濡れていくのを眺めながら焼いていると
「あら!雨が降り始めた!夕方から大雨になるっていいよったわ・・・(今日は早よやめんといかんわ!)」
と今日も早くお店を閉めようと伏線を張るお袋・・・しかも『夕方から大雨』なんて情報は一切ありません。
「雨が降ると『夕方から大雨』って言うがね」
思わず突っ込むと
「なんけやらしい!そんげな事より、雨が降り始めたから今のうちにマヨネーズと卵を買ってきてくんね!」
何を言っているの?
『雨が降り始めたから今のうちに買い出しに行け』なんて言うのは馬鹿者の発言です。
正解は
『雨が止んだから(または雨が降る前に)、今のうちに買い出しに行って来てくんね!」です。なんでわざわざ濡れて買い出しに行かなきゃ行けないのか・・・
ですが僕は変わったんです!
先日101歳で寿命を全うしたヒーバーに
「もっとやさしくしておけばよかった・・・」
心底後悔したんです。僕は頭は悪いですが、愚か者では無いと思いたいんです。同じ轍は踏まないんです。
年老いた母親の戯れ言・間違った発言にも、グッと堪えて従おうと思います。
バンダナをとり(最近すっかり寂しくなった髪の毛がぺったりと張り付いた頭にブラシを入れ)、エプロンを外し、準備をしていると
「○○(僕)なんしよっとけ!早よ焼かんけ!タイ焼き40個と別にハムタイ20個げな!」ピンク電話の受話器を持ちながらお袋・・・
「早よ!さっさせんけ!何をエプロン外してバンダナもはずしちょるとけ!早よ焼かんけ!」
今雨の中・・・雨が降ってる今のうちに買い出しに行けといったその口の舌の根の乾かぬうちに・・・
「今誰が買い出しに○△□◇☆×・・・(怒)」
今日も誓いが守れない・・・僕はやっぱり愚か者でした。


 

 - facebook

  関連記事

no image
オリジナルグッズ専用サイトご利用ありがとうございます!

高田万十オリジナルグッズ専用webサイトありがたいことにたくさんの方からご利用い …

がんばろう熊本・大分!

熊本のみなさん、大分のみんさんそして九州のみなさん、いまだ余震も続いていて、大変 …

お・ふ・く・ろ・が・こ・ろ・ん・だ

ありがたいことに当店はまさに老若男女年齢もそれぞれの世代のお客さんにご来店いただ …

時つぐる鐘

小学生時代、日本一弘法大師像がそびえ立つ今山が僕の遊び場でした。 学校帰りに鳥居 …

でんすけじーやん

毎日夕方くらいになると・・・ 「今日は早よやめよかい?」 お袋の4時の時報が鳴り …

懺悔

久しぶりの更新です・・・というのも、実は親父が体調を崩し一気に老け込んでしまうと …

フレッシュマン

毎年恒例の旭化成の未来を担うフレッシュマンズの集団出社の大行列が当店の前をすがす …

酔拳

先日、業務機器のメーカーの営業さんが飛び込み営業にやってきました。 今のところお …

ミッション・インポッシブル

おかげさまで親父も少しずつ調子もよくなり、杖は手放せませんが随分歩きぶりもよくな …

no image
長らくお休みしておりましたが

お久しぶりでございます! 皆さんもうお忘れかもしれませんが・・・髙田万十三代目で …